JJJ(ジャカルタジャパンジガーズ)

JJJ(ジャカルタジャパンジガーズ)です。ジャカルタ在住の釣りバカの釣りバカによる釣りバカのためのクラブです。ブログはメンバーが釣行に出た際に不定期にUPしてます。 お問合せはメール「umanami_jjjのyahoo.co.jp」(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)までお気軽にどうぞ。J-People(http://www.j-people.net/)さんのWebからもお問い合わせいただけます。

3連休のビヌアングン

年越しに続き、4/15-17の3連休でビヌアングンに行ってきました!

今回の参加者はフェルチ尾さん、ブアカーオさん、レッドブルさん、私イートンの4名です。

木曜の夜にジャカルタを出発し、金曜の早朝から日曜の昼まで2泊3日、船中泊で釣りまくります

キャプテン、クルーと記念写真

 

肝心の釣果ですが、初日の日中はジギングでカツオなどがポツポツと釣れます。というかポツポツとしか釣れない。。

 

というわけで早速夜の様子です。ブアカーオさん、レッドブルさんにカツオのたたきを料理していただきました!おいしそう!

が、私は朝から船酔い気味で食べられず。。

初日の夕飯はカレーです。あれ、一人いない?

 

船酔いで食事できないことを良いことに泳がせしてました(夜の泳がせを虎視眈々と待っていたジギンガーとしてのプライドのない私)

はい、アオチビキ

その後、さらなる大物をかけるも為す術もなく蹂躙されPE5号が切られます。。

クルーに「GTの30キロだったな!」と言われ、またまた~などと言っているとクルーが手釣りで40キロオーバーのGTを上げ、絶句してました。。

 

レッドブルさんも泳がせで良型GTゲット!コモドの練習ですね。

そんなこんなで初日は終了。

 

2日目以降も色々釣れます。

美味しそうな甘鯛です

なお、記事が雑になっているのは手を抜いているからではなく、船酔いで戦線離脱が多く、詳細が分からないからです(-_-;)

結果。

参考までに、真ん中のアオチビキが1mちょっとです。

ビヌアングンにしては釣果は微妙だったかもしれませんが、ポテンシャルの高さは実感でき、次回に期待ができる内容でした。またリベンジしなければ。。


JJJは随時会員募集中です。ご興味があれば是非!

JJJ的大人の休日(ラツー等)

最近遠征の記事ばかりなので、毎週末のように行っている釣行の様子を一部ですが載せていきます。

 

まずはホームのラツー

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408164344j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408163002j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408163025j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408163043j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408163100j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408163125j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408163157j:plain

 

釣りの後はもちろん宴会です

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408163726j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408163740j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408163758j:plain

 

続いてワイルドトーマン

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408164703p:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408164716p:plain

 

最後に管釣り

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408164950j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220408165003j:plain

 

以上です!

JJJは随時会員募集中です。ご興味があれば是非!

引継ぎバリ遠征

GTシーズンも終わりが近づく3月、馬並さんからのコモドGTの引継ぎは終わったものの、バリGTの引継ぎがまだ終わっていなかったため、行ってきましたバリ遠征!

今回の参加者は馬並さん、ももさん、私イートンの3名です。今回お世話になる船は、もともと他のお客さんが入っていたものの、1週間前に急なキャンセルがあったようで、急遽JJJの釣行が決まりました(直前にも関わらずよく3人も集まったものです)。

土曜の早朝便でバリに入り、土日釣りをして日曜の夜便で帰るという弾丸釣行です。

釣行数日前に突如フライトがキャンセルになったり、飛んだら飛んだで着陸直前で強風につき着陸延期など、トラブルは色々発生しますが、もう慣れたものです。

 

今回お世話になるニック船長(日本語ペラペラ)

うん、GTを釣るんだ。

 

船は非常に大きくて快適です。

フライトの遅れにより10時出港。良さそうなポイントは多いものの全然潮が流れていない。。。

大潮とはなんだったのか。。

結局初日の午前はバイトすら無く、潮が止まったタイミングでジギングに。

するとすぐさま馬並さんにヒット!

ヨコシマサワラ。でけー。そしてかっこいい。

根がかりでジグロストしてやる気を失っていた私も慌ててリーダー結び直してジギング再開、すぐにヒット!

引きを見た馬並さんからカンパチじゃない?の一言。

やりました!ジギングでカンパチ釣ったの初めてです。

ジギングで早々に二人がボウズ逃れし、期待がかかるのはももさん。

ももさんも何度もかける(ヒット数は一番多い)のですがバレる。。水面で良い型のヨコシマサワラをバラしたりとなかなか噛み合わない。

が、とうとう釣り上げた!

アドゥー。折角のカンパチが。ツイてないですね。。「渓流っていいね」Tシャツ着てるから海に嫌われたのかもしれませんね。次はJJJのTシャツでリベンジですね。

ももさんには申し訳ないですが我々はGTを釣りに来たのでキャスティングに戻ります。
ニック船長も背中で語っています。GTを釣るんだと。

 

が、結局キャスティングはバイトすら無く初日終了。

まあGTがそんなに簡単に釣れては面白くありません(強がり)。

初日の夕飯はガイドのイムロンさんと息子さんと。ここの中華は何を食べても美味しかったです。

 

二日目は5時半にホテルを出て6時に出港です。

昨日は時間が悪かったのか、この日は潮が流れていい感じです。

ちなみに今日も馬並さんトモで、ももさんとイートンでミヨシの並びです。

ももさんキャスティングのフォームきれいなんだよなあと思っていると、朝一ももさんにヒット!まったくドラグが止められません。

私「船長、(水深)何メートル?」

船長「17メートル」

私「17メートル(絶望)。。ももさん!止めてください!」

慌ててドラグを締めるもPutus...

根ズレはGT始めて必ず通る道ですね。

気を取り直して、別のポイントへ。

水面ではあちらこちらでベイトが湧いています(昨日はこんなことなかったのに)。

すると、ももさんにまたヒット!

今回も水深20Mちょっと。今回は強引にファイトするもPutus...

根ズレかなと思ったらリアのリングが壊れてる。。この間コモドで似たようなことあったなあ。

ももさんがルアー替えてる間にしれっと同じポイントにキャストしてバイトは出したものの乗らず。。

そうこうしているとトモの馬並さんにヒット!大きそうですが楽々上げられます。

船長「まだいるよ!」

イートン「Jauh(遠いよ)!、あ、ごめん、届いた。あ、出た!」

私のは小さいので楽々上げられます。

馬並さんと並んで写真撮ろうとしていると、ももさんにもヒット!

まさかのトリプルヒット!

 

ん?1匹細いGTがいますね。

 

全員(?)釣果を上げていざ1級ポイントへ。

流石1級ポイント、潮の流れが凄い。流れが早すぎて120gのペンシルでは泳がないので200gを投げます。

激しい流れの中で唸りながら200gのペンシル投げていると、とんでもない水しぶきと音を立ててカジキがバイト!!

 

も、ヒットには持ち込めず。。

 

シンキングを試すも不発。

帰りの飛行機もあるので早めに上がって帰路につきました。

今回もバリGTの引継ぎもでき、良い練習にもなり、大変楽しい釣行となりました。

 

JJJは随時会員募集中です。ご興味があれば是非!

コモド遠征(2022/3/3-6)~釣行二日目+α~

コモド釣行二日目の様子をお伝えします。

なお、初日の様子はこちら↓

https://jakartajapanjiggers.hatenablog.com/entry/2022/03/08/204847

初日に続き馬並さん、ハチベエさん、私イートンの3名で乗船です。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310190550j:plain

二日目の船はこちらのカイザー。巡航速度は時速30キロ代(十分速い)ですが大きい船で、船長のヌルディン船長は超腕利きのベテランです。この日も釣れない理由がありません。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310190936j:plain

いざ出港。朝日をバックにするフローレス島。港にはダイビング用のお洒落な船が何隻も係留してあります。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310191120j:plain

この日は虹も出ていました。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310191155j:plain

湖のような穏やかな海面も潮の流れはとても速いです。

 

今回、風景写真ばかりなので鋭い方はもうお気づきかもしれませんが、はい、そうです、二日目はまあ渋く、魚の写真が少ないのです。。

ファーストポイント、沈み根を丹念に攻めます。キャプテンの操船完璧、キャストキマる、誘い出しも丁寧に丁寧に。。でも出ない!

次のポイント。。でも出ない。。

潮は確かに大潮の昨日よりは悪い(といっても中潮)ので潮が原因か、或いは曇っているからか、ポイントによっては少し波があるからか、釣れない理由、あったようです。

そんななかでも馬並さんには、「次のポイントは~~なポイントだから~~なルアーを使って、~~というふうに攻める」といったように経験と引き出しの多さを見せつけられます。

そして釣れる。f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310192944j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310192956j:plain

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310193312j:plain

ハチベエさんもかける!が、バレる。この日は活性が低いのか派手な出方はせず、出ても単発で終わります。しかも波が高く、ファイトがし辛いです。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310193545j:plain

ハチベエさんがバラした直後にバレたところにキャストし横取りキャッチ(ノ≧ڡ≦)。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310194051j:plain

波が高く、釣りにならないので穏やかな所に移動しランチです。今日も手が込んでいて美味しい!このランチを食べにコモドまで来ていると言っても過言ではありません。

 

いや、流石に過言か。しかしそれくらい美味しいです。

 

午後も状況はなかなか好転しません。とはいえ昨日は出なかったツムブリが適度に遊んでくれます。朝から寝てたレンジャーもツムブリが釣れると起きてきます。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310194436j:plain

 

今日は厳しいかなと思っているとハチベエさんに大型がヒット!ベイトでもしんどそう。。が、Putus!いやいや、水深60mですよ、根ズレじゃないですよ、とか言ってたら回収したルアーを見てびっくり、ラインブレークではなくルアーブレーク、リアが壊れてフックがありませんでした。。これはモンスターですね、Aduh。。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310195302j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310195706j:plain

そして馬並さんにもヒット!こっちも大きそう。。水深60mあろうとドラグガチガチでパワーファイト。途中GTが中層でホバリングしても力づくで上を向かせる。スゲー。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310195827j:plain

でたー、155cm、50キロオーバー。この怪物の大きさは筆舌に尽くしがたし、百聞は一見にしかずとはいうものの写真でも伝わらない分厚さ迫力がありました。神々しささえ感じる格好良さ、感動を与えてくれる魚でした。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310202144j:plain

今釣行ラストフィッシュはハチベエさん。最後の最後に出ました。

結局2日目もGT5匹、ツムブリ3匹という好釣果で締めくくりました。

 

~おまけ~

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310202501j:plain

この日の夜はローカルのイカンバカールへ。初日から行きたかったものの、万が一お腹壊したら釣りにならないので最終夜まで我慢していました。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310202847j:plain

手前からカスミアジの蒸しもの、ハタの焼き、エビチリ、イカのフリッター。どれも本当に美味しい!レンジャーもカスミ欲しがるわけだ

 

翌日は帰りの飛行機まで時間があるのでコモド観光。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310203418j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220310203434j:plain

トレッキングにピンクビーチにコモドドラゴンと、名所をランガンしてコモドを十分すぎるほど堪能し帰路につきました。

JJJは随時会員募集中です。ご興味があれば是非!

コモド遠征(2022/3/3-6)~釣行初日~

昨年12月のコモド遠征が忘れられず、再度行ってしまいましたコモド。

なお、前回の様子はこちら↓

https://jakartajapanjiggers.hatenablog.com/entry/2021/12/31/174521

今回の釣行日は新月の大潮と中潮。前回に引き続き、まだ海外からのアングラーは入っておらず、釣れない理由が見つかりません!

今回の参加者は馬並さん、ハチベエさん、私イートンの3名です。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308194515j:plain

初日は移動のみ。プール付きのホテルでのんびりし、もはや行きつけとなったイタリアンでおいしい夕飯を食べ英気を養います。

 

翌朝から釣り開始。

初日の船はこちらのHAYABUSA。巡航速度時速50キロ代のインドネシアではなかなか縁のない)高速船です。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308222711j:plain

 

最初のポイントに着いていきなり馬並さんにヒット!

いきなりデカい!このサイズですが流石、難無く上げられます。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308200754j:plain

内心、この魚が今釣行で最大になるのではと思っていました。まさかこの後とんでもないやつが出るとはこのときは思ってもみなかったのです(ネタバレ)

イートンにもヒット、もバレる。。馬並さんにフッキングのコツを教わりながら2度目はちゃんとフッキング。流石、(小さいので)難無く上がります。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308194453j:plain

すぐに2匹目。嬉しい膝乗せサイズ♪

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308201623j:plain

ハチベエさんも美しいカスミを連発します(なぜかハチベエさんにだけ出るカスミ)。

写真では美しさが伝わらないのが残念です。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308201819j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308201729j:plain

その後も行くポイントポイントで高活性は続きます。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308201935j:plain

 

沖縄のパヤオシイラのようにルアーを黒い群れが追ってきます。3回バイトがあったと思ったらまさかの2匹ヒット。こんなこともあるんですね。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308202102j:plain

 

ちょうど昼時に潮が完全に止まったのでお昼休憩です。

今回(も)用意していただいたランチに舌鼓。一品一品が非常に手が込んでいていつも感動します(チキンはじっくり丁寧にローストされジューシーさと旨さが際立ち、味玉や角煮も味が良くしみ込んでいて、お米も日本米が無い中で秘伝の配合により日本米のようなモチモチ感が出ています)。なお、3時のフルーツ盛り合わせもあります。 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220309190854j:plain

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220309192036j:plain

 

午後も好釣果は続きます。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308202222j:plain

GTお姫様抱っこできたら釣りを引退してもいい発言されていたハチベエさん、引退しないでください。。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308202344j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308202414j:plain

1匹目以降ミヨシを譲っていただいた馬並さん、流石にトモでも釣られます。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308202546j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308202603j:plain

ベイトで獲る宣言されていたハチベエさん、流石です。ベイトポテンシャルありますね。

そして釣れすぎて段々雑になっていく写真。。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308202857j:plain

私もいちいち帽子やフェイスガードを脱ぐのも億劫に。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308202953j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308203011j:plain

写真撮らずにすぐリリースもしてました。

結局初日は19匹(うちカスミ3匹)の大爆釣でした!

釣れすぎて正直疲れましたが、嬉しい疲れ。この日の夜も2夜連続で行きつけのイタリアンで釣り談義に花が咲きます。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308231025j:plain



~余談~

途中死んだ牛が流れてきました。同船しているレンジャーが興奮して、写真撮るから船を近づけよう!とか言い出す。臭いのに。。

このレンジャー、ハチベエさんがカスミ釣った時と牛を見つけた時だけテンション上がってて、我々のテンションと真逆でした。。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220308203627j:plain

 

釣行二日目に続く

なかなか釣れないけど、なぜかはまってしまうWild淡水怪魚釣り

JJJの活動は、ソルトゲームのみならず、フレッシュウォーターにおける怪魚系の釣りにも及びます。フィールドは、ジャカルタから車で3~5時間の範囲にある湖で、主なターゲットはトーマンという雷魚の仲間です。この魚の性質を一言で表現すると「獰猛」かな。鋭い歯で他の魚を真っ二つに噛み切っちゃいます。人間も指なんか噛まれると大変なことになります。そんなトーマンですが、トップウォーターでルアーにアタックしてくるので視覚的に楽しめ、また引きもパワフルなので、東南アジアではゲームフィッシングの対象魚として有名です。(マレーシアでもトーマン、タイではチャドーとして知られており、平常時には、日本からこの魚を釣るためにフィッシングツアーも出ています。)ただ、とにかく釣れません(笑)。1日中投げたおして1匹も釣れないというのが普通で、修行のような釣りです。だからこそ、釣れた時の喜びはひとしおで、ゲーム性の高さもありこの釣りにはまる人が出てきます。

 

フィールドはこんなところ。空気が澄んでいて気持ちが良いです。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220127085134j:plain

 

トーマンはこの魚です。美味しいらしいけど、日本人で食べる人はあまりいないかな。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220127085711j:plain

 

こういうボートに乗り込んで、船頭さんと2人でポイントを巡ります。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220127090000j:plain

 

12月から今月にかけて何度かトーマン釣行していますので、その釣果を紹介します。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220127085853j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220127085911j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220127085925j:plain

 

これは、トーマンとファイト中の写真です。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220127090123j:plain


JJJでは、こんな感じで、淡水のルアーフィッシングにも力を入れています。日本でバス釣りなどをやっていた人は、すぐにこの釣りに対応できると思います。

爆釣!年越し釣行

明けましておめでとうございます。

本年も、インドネシア在住者によるルアーフィッシングクラブ JJJ(Jakarta Japan Jiggers)をよろしくお願いします。

今年のJJJブログ一発目は、恒例となりつつある年越し釣行。寝室のあるボートをチャーターして、2泊3日船中泊での年越しの釣り旅です。飯食ってる時と寝てる時以外は、昼夜構わず釣りし放題の釣りバカにはたまらない企画です。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111105854j:plain

 

今年は5人参加。クルーとともに。一部現地化してて誰がクルーやらよくわかりませんね。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111100147j:plain

 

2泊3日、船に住み込みで釣りしますので、食事も楽しく過ごすための重要な要素になります。基本は食材を積み込んで、船上でクルーが調理してくれた料理を食べます。毎晩、船上宴会です。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111100456j:plain

釣った魚の刺身(ぶつ切り)なんかも並びます。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111100812j:plain

食材用に釣った魚で干物を作ったりもします。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111105430j:plain

 

釣りに飽きると、泳いだり、島に上陸したり。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111105604j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111105628j:plain

 

さて釣果です。大漁です。

ハタ(こいつは超高級魚)

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111100958j:plain

 

マグロ

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111101044j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111105029j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111101141j:plain

 

カツオ

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111105144j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111104443j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111104904j:plain

 

カンパチ

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111101205j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111101249j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111101318j:plain

 

サワラ

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111101351j:plain

 

タイの仲間

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111101504j:plain

 

GT

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111101623j:plain

 

その他、いろいろ

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111101743j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111104319j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111104336j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111104415j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111105320j:plain

他にもいっぱい釣れていて、ここで紹介しきれないほどの大漁でした。

場所はジャカルタから車でアクセスできるジャワ島のインド洋側。飛行機でアクセスする東部インドネシアのアロールやパプアといった秘境遠征で狙う大型漁は出ませんが、ジャカルタから数時間の車移動でも、これだけの好釣果が得られます。JJJは、コロナに伴う移動制限の下で遠征がままならない中でも、良い釣り環境を求めて日々情報収集に努めております(笑)。

年が明けて、数日後。釣果を日本食レストランに持ち込んでの懇親会。釣りに行っていないメンバーもご相伴にあずかります。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111120837j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111110915j:plain

 

JJJでは今年も楽しい釣行をどんどん組んでいきますよ。おかげさまで、最近、会員が増加中です。新規会員も募集中です。インドネシア在住のルアーフィッシング愛好家の方、一緒に釣りに行きませんか。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20220111110944j:plain