JJJ(ジャカルタジャパンジガーズ)

JJJ(ジャカルタジャパンジガーズ)です。ジャカルタ在住の釣りバカの釣りバカによる釣りバカのためのクラブです。ブログはメンバーが釣行に出た際に不定期にUPしてます。 お問合せはメール「umanami_jjjのyahoo.co.jp」(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)までお気軽にどうぞ。J-People(http://www.j-people.net/)さんのWebからもお問い合わせいただけます。

プラブハンラツー釣行。釣り船にバナナと梅干を持ち込んではいけません。

7月4日午前3時前、JJJの母港、プラブハンラツーより出航。地元の木造マグロ漁船の貸し切り。コロナの影響で、3月以来3か月以上ぶりのホームウォーターでの釣りです。参加者はJJJメンバー5人。3月以降、コロナの影響などで一時帰国や本帰国で、現在ジャカルタ周辺にいるメンバーはたったの8人。クラブ創設以来15年ほどたちますが、創設以来の存亡の危機です!しかしこの日は、残っているメンバーの半分以上の参加で、活動を盛り上げました。

 

コンディションとしては、出航前から強風で釣りにはなかなか厳しい状況。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190745j:plain

ドヨーンとした天気。風がビュービュー吹きすさび、船のポジションが維持できません。ジギングでは、魚のいるポイントの上に船を流すのが基本なのですが、なかなか思った通りに流れず、難儀です。おまけに強風にあおられて船が流れるスピードが速すぎで、深場のジギングは不可能。よって水深100m以下の浅場でのジギングがメインとなりました。

 

大物はなかなか上がりませんでしたが、小さいながらも様々な種類の魚が飽きずにつれました。以下、一部紹介します。(筆者の偏見に満ちた食味感想付き)

 

つんぶり⇒多分、まずい⇒(訂正)ブリみたいな味で美味しいとの意見あり

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190600j:plain

 

 

すまがつお⇒まあまあ美味しい⇒(訂正)ちゃんと締めて血抜きして持ち帰れば美味しいとの意見あり。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190542j:plain

 

はた⇒おいしい

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190620j:plain

 

かつお⇒すごくおいしい。

ナブラにジグを投げ込んだら着水バイトでかかりました。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190405j:plain

 

かます⇒臭くて嫌い

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190431j:plain

 

グルクマ⇒初めて見る魚で食味は不明

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190503j:plain

 

そのほか美味しい太刀魚やら赤い魚などいろいろ釣れました。

 

昼過ぎから徐々に天候が良くなりました。

GTやカスミアジを狙ってキャスティングもしましたが、相変わらず不発。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190448j:plain

 

ジギングをする者、キャスティングをする者、イカを狙ってエギングをする者、ビールを飲んでだらだら過ごす者、昼寝をする者等等、仲間内だけの釣行なので、それぞれやりたいことを好きなようにやる、とっても素敵な大人の休日です。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190654j:plain

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190710j:plain

 

そして、バナナを食べる者

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190637j:plain

って、バナナを船に持ち込んだらダメでしょ!という釣り人ジンクスがあるのですがお構いなし。そういう私も、梅干もちこんじゃダメでしょ、と指摘されました。いつも、おにぎりに梅干入れて持っていくんですが、梅干も釣り人に忌み嫌われるものであったとは初耳でした。

 

夕方、5時半に帰港。

釣果はこんな感じ。氷の下にも、小さめの魚が埋まっています。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200705190729j:plain

 

最近は語れる魚よりもおいしい魚の傾向になっていますが、でっかいGTや珍しい怪魚など語れる魚釣りにも力を入れていこうと思います。

 

レポーター:馬並

 

 

JJJ釣り活動再開しました~

ここインドネシアでも、3月以降社会生活・仕事環境がすっかり変わってしまい、釣りになんてとても行けるような雰囲気じゃありませんでしたー。様々な規制の強化に伴って、JJJのメンバーも急遽本帰国になった人、一時退避で帰国している人等等で、現在インドネシアに残っているメンバーは半分以下。

インドネシアのコロナ感染者数の推移を見ると、あまり抑え込んでいる感じはしないのですが、6月に入って当局が大規模社会的制限を徐々に緩和しております。これに合わせて、JJJも感染に細心の注意を払いながら、活動を徐々に再開しております。幸い、釣りは風通しの良いアウトドアで密になることもないので、感染可能性は低いのではないかな。

6月の釣行をまとめて簡単に紹介します。

 

まずはジャカルタ沖。食材調達を目的とした釣り。釣った魚やイカを船上でさばいて食べるのは最高でした。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621181416j:plain

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621181430j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621181340j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621181446j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621181503j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621181514j:plain

 

そしてジャカルタ郊外の怪魚ポンドで。アウトドアで飲むビール最高でした。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621182109j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621182048j:plain

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621182127j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621182202j:plain

 

さらに、ちょっと行ったダム湖で。ボートで疾走しながら飲むビールも最高~。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621182752j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621182822j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621182808j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200621182843j:plain

 

こんな感じで、アウトドアで美味しい空気を吸いながら、活動を再開しております。共通しているのは、必ず宴会があることかな(笑)屋外、船上で、気の合う仲間たちとの酒盛り、日ごろのコロナストレスも吹っ飛びます。

7月には入ったら、大規模社会制限緩和の動きをにらみつつ、インド洋側に大物狙いの釣行も入れていきたいと思っています。

では。

 

Umanami

 

 

 

 

 

やっぱ夢があるよ!ラツー!!


先週の好釣果にあやかろうと、2月29日に馬並部長、ヨシオピア、再赴任のTN氏、私イカの4名でJJJホームのラツーから出撃.当日は渋滞もなくAM2:30に出航と幸先良くスタート.

夜明け前にポイント到着.

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314173612p:plain

 

無風でうねりもなくこりゃ爆釣間違いなし?と思いきや、潮が全く流れていません...汗

朝イチに入れば何かしら反応がある浅場が不発で、開始早々からボ〇ズが頭をよぎります...大汗

 

そんな中、船頭役を務めてくれていたヨシオピアに待望のHIT!!

 


f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314173953j:plain

「頭振ってるからカンパチかもー?」と慎重にやりとりして上がってきたのは...

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314154829j:plain

赤いやつでしたw.こやつもそこそこ頭振るんですよね.ま、そこそこのサイズだし美味しいからOK

めのポイントに入ったところでヨシオピアに再びHIT!!潮が動いてなくても掛ける人が上手い人だよね~なんて思いながら見ていると上がってきたのはこれ

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314174002j:plain

なんと3キロオーバーのスミヤキ.ラツーで初めて見る大型のスミヤキww.ま、これも美味しいらしいので良し.

この後、魚探に反応はあるものの全く釣れず、ポイント移動を繰り返す我々.途中、TNさんもワンピッチで赤いの上げてました(写真無くてごめんなさい).

 

この時点で馬並部長と私はボウ〇.陽も高くなってきて内心ヤバいなーと思いながらヨシオピアの提案で朝イチの浅場へ再び移動.この時はこの移動が後の衝撃を生むとは想像もせず...

 

相変わらず潮動いて無いな~と半ば諦めながら50mラインに10mの根があるポイントで何度か底を取り直していると、隣の馬波部長にHIT!間髪入れず私イカにもHIT‼

これでボウズ回避~と喜んでいたのも束の間、ラインが止まりません汗

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314160837j:plain


 

 

隣では馬並部長が良型のカスミアジを無事にランディング‼

ほぼ同時に喰ったので同じ魚かな?と思っていたのですが、カスミとは違うトルクのある引きでラインを出していきます大汗

こりゃダメかも?と思いながら一進一退を繰り返すこと約10分、観念して浮いてきた魚体を見てデカいヒラメ?と思いましたが、違いました.

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314160833j:plain

 

 

ランディング直後、「でけ~!!!」と叫んでいる2

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314160855j:plain

カスミハタ、35キロ!135cm!!

やらかしちゃいました汗.生涯サイズを釣っちゃいました大汗.

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314174033j:plain

同船者全員でパチリ.膝乗せしようと思ったのですがヌルヌルで無理でした...

 

底から10m以上切ってから掛けた事やドテラ流しの船が掛け下がりの方へ流れた事など、運にも恵まれて取れた一匹です.「深場へ流れてるよ」と教えてくれていなかったら取れなかったかもしれません.

感謝感謝です.

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314174039j:plain

 

Tackle

Rod: Logical60#3

Reel: BH30LH

Line: SFL 1.5

Leader: Grand Max FX10

Lure: Slow Skip VB130

Hook: Jigger Light Hold 3/0

 

その後も有望ポイントをランガンし、

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314160909j:plain

 

赤いのやら、

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314174047j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314174053j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314174058j:plain

 

ハタやら、チカメキントキを追加.

 

最後に、先週ドラゴン級が釣れたタチウオポイントに入るも...何も起きずORZ

てなわけで沖上がり、帰港する事に.

JJJ名物?の船上宴会が繰り広げられました(写真無し.ごめんなさい)

 

さて、あのデカい魚はどーしたものかと悩んだのですが、お世話になっている漁船の元締めへプレゼントしました.漁港隣接の市場へドナドナされていきました.

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200314174105j:plain

 

後日談

JJJメンバーの友人で魚屋を営まれている方のところに、こいつが持ち込まれたらしいです...

 

女王様(ラツー)は裏切らない

2月22日、JJJホームポート、インド洋に面するプラブハンラツー(日本語訳:女王様の港)からの出航です。この日は、総勢9人の参加で、1号艇(ジギング班(5人))、2号艇(キャスティング班(4人))の2艇に分かれて、午前2時半の出航です。(1号艇、2号艇とか勝手に呼びましたが、クルーザーとか立派なものではなく、地元の漁船の借り上げです(笑))。今回のレポーターは、1号艇に乗り込んだ私馬並。よって、報告内容は、1号艇の釣果中心になります。

 

夜明け前、最初のジギングポイント。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223175749j:plain

最初のポイントで、小さめの魚がポツポツ釣れましたが、写真がありません。そのあとすぐ、岸近くに寄せて浅場のジギング。で、鋭い引きに、GTキターと思って、やっとこさ上げた魚がこれ、

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223175952j:plain

上半身がカンパチに似てて、全体の色あい、尻尾などはGTという初めて見る魚。ネットで調べたらアンダマンアジというあまり流通しない美味しい魚だそうです。

 

ポイントを変えて、ジギング継続。飽きない程度に各所で、ポツポツ、様々な魚種がかかります。

かつお

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180157j:plain

しがてら毒があるかもしれないはた

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180036j:plain

おいしいはた

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180220j:plain

かます

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180313j:plain

ほうぼう

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180330j:plain

 

ポイント間の移動中は、ビールで休憩

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180534j:plain

最後のほうは、ワインのラッパ飲み、ウイスキーやら焼酎も出てきて、宴会船状態(写真撮るの忘れた)。飲み疲れたら、昼寝。おじさんたちの優雅な休日です。

 

帰港途中のJJJ秘蔵のポイントでは、太刀魚祭り。魚探の画面には、海底と見間違うほどに太刀魚の魚群が現れています。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180358j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180413j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180440j:plain

そして、全長145cmのドラゴンもキターーーーーー!

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180458j:plain

さすがJJJのジギング隊長ヨシオピア、1日を締めくくるにふさわしいナイスキャッチでした。

 

さて、2号艇の様子です。朝一、朝陽に照らされたテカルさん、キャスティングで小ぶりながらGTキャッチ。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180620j:plain

JJJ会長のコメダ隊長も手堅く良形のはたキャッチ。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180715j:plain

そのほか、2号艇でもいろいろキャッチされていた由。

 

帰港後は、恒例の港近くのレストランで、打ち上げ。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180741j:plain

帰宅してからは、来週のおかずにするために、魚の下処理。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200223180814j:plain

 

JJJでは、ほぼ毎週末、どこかしらに釣行しております(ブログアップはしてませんが)。入会ご希望の方は、ご一報お待ちしております。

夢があるぜ、プラブハンラツー

2月1日午前3時、JJJホームポートのプラブハンラツーを出港。高速道路が延伸したおかげで、ジャカルタから車で3時間ちょっとで港に到着します。参加者今回の参加者は、JJJ会長のコメダ隊長、最近入部したAさん、出戻りの馬並の3人。今回は、年末のマルク遠征で今一つパッとしなかったというコメダ隊長がリベンジをしたい、とのことで、ジギングメインながら時折GTキャスティングを織り交ぜての釣行です。ジギングを敬遠しがちな私馬並も、キャスティングもやると聞いて急遽参戦。

予定通り、朝一番は、岩礁地帯でキャスティング。予想通り何も出ないので、早々に見切りをつけて、沖合の沈み根ジギングポイントへ。

ひと流し目で、いきなり隊長にヒット。ラインがどんどん出されて、大物の予感。水深が50m以内の浅場で、この強烈な引きといえば、やつですね。

 

ドカーン。GT40キロ(実測)。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200202134122j:plain

PE2号という細いラインで30分間の絶妙なやり取りの末、浮き上がらせた貴重な1本。GTといえばパワー勝負と信念をもっている私馬並には、大魚とアングラーの一進一退の繊細なやり取りは見ていてとても勉強になりました。ん、これからはスロージギングだな!

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200202135836j:plain

んー、GTかっこいいなー。かっこいいので、アップ写真も。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200202135821j:plain

さらに、もう一本、小ぶりなGTを追加。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200202135858j:plain

 

えーー、ちなみにですが、隊長がGTを上げる前に、私馬並は、本日の船中一匹目をあげております。エッヘン!

隊長のGTの尻尾の重さもないかもね(笑)

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200202140051j:plain

その後、私以外のお二方は、はた系や大口ハマダイとやらをポツポツ釣り上げております。(写真以下以外省略)

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200202140006j:plain

 

そして、再び岸近くのGTポイントへ。

GTは出ませんでしたが、Aさんがキャスティングで美味しいカスミアジをキャッチ。結局、本日キャスティングで釣れた魚はこの一匹。キャスティングは難しいですね。(そこが面白いんだけどね)

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200202135951j:plain

こいつは、美味しいので宴会用にキープしますよ。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200202135938j:plain

その後は、港に戻りながらジギングポイントを探ります。JJJのジギングチームの面々が魚探にマークしていったジギングポイントの数々。ちょっと見、ただの大海原ですが、そのマークをトレースしていけば、ジギングゲームが成立します。JJJに入らないと、わかりようもない隠れポイントが満載。このデータは貴重な宝物ですね。

最後は、やはりコメダ隊長。オニアジという魚で美味しいそうです。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200202135915j:plain

 

入港後は、美味しそうな魚を選りすぐって、JJJ宴会用に持ち帰ります。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200202140037j:plain

さて、私馬並といえば、

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200202140022j:plain

大海原でビールを飲んで昼寝して、それなりに楽しく過ごしましたよ。何度か魚とファイトする機会を得ましたが、ラインの高切れやら魚の歯に当たって切れたりで、いいとこなし。ジギングは奥が深いなーと勉強した一日でした。スロージギングのセットを揃えますかね。

 

えーっと、JJJは釣った魚を和食屋さんに持ち込んで宴会もやってますよ。今回は2月4日火曜日に、開催します。JJJの活動に関心のある方のご参加も歓迎してます。

では。

 

レポーター:馬並

 

1/18 ラツー釣り インドネシア

ピア、Aさん、ゲストの3名でラツー釣行してきました。気づいたら2か月ぶりのラツー釣行。翌日は嫁友を集めて我が家でさかなパーティー、前の釣行がかんぱちとかはたとか結構いい思いしたので今回かなり力が入ります。

 

いつものとおり3時くらいに出船して6時前にポイント到着。最近定番の浅場からちょろっと流します。潮はたぶん1-2ノットくらい流れてて申し分ない感じ。

40mくらいから20mの駆け上がりの流しでまずピアにフォールでヒット。クビめっちゃ振って突っ込むけど重い感じではない魚だったんで何かなぁと思ってたら即ばれ(汗)

Aさんも同じタイミングでヒットして同じタイミングでバラシ・・・ アドゥ~

 

魚の正体をつかみたい、その一心でもう一回流しかえてみると、またフリーフォールでヒット!FB200g。今度は慎重にちょっとドラグも緩めてあげてくると・・・・

イケカツオって魚みたい。あんちょーるではつったことあるんだけど、ラツーでは初めて釣りました。引くけど、食味としては大したことなかったような。まあ刺身用魚ゲットということで。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200126185338j:plain

もう一回流しかえると小バラクーダ、完全に食えなくてさかなパーティーには出品できないので漁師にグラティス。彼ら曰くビサマカンとのことなので喜んでもらってくれます。前にサバフグ渡したときには断られたので一応わかってるみたい。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200126185348j:plain

この魚を後に浅場で当たりなかったし、当日は風もなかったので普段いけない南側にちょっとトライするべく大きく南に移動。9時くらいだったかな。ここも60mくらいから40mくらいの小山を打つ感じですが、流してみるとAさんがいい感じでロッド曲げてます。ポイント狙って流してみてみんなに釣ってもらえると嬉しいですね~ 上がってきたのは50cmくらいのオオクチイシチビキ。煮物やなべにうまい魚です。

 

2回くらい流しかえたけどそのあと続かないので帰りがてら北上して流していくと浅場のポイントでピアはST、AさんはGTをゲット。引き味から最初カンパチかなと思ったんですけど、引いて楽しい魚なんですが、おさかなパーティ―には貢献できない魚でちょっと残念な感じ。でも釣れたらうれしいですけどね。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200126185325j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200126185332j:plain

 

そのあと戻りながらちょっとやりましたが、子ハタやらスミヤキやらで大したことなく写真もなし。

 

まあ久しぶりのラツーでしたが可もなく不可もなくといった感じでしたね。攻める魚のポイントが最近固定化してしまっているので回数増やしていろんなポイント開拓しなきゃなぁと思った一日でした。

お疲れ様でした。

 

2019年年末マルク州遠征

2019年の年末、4泊5日で、インドネシア東部マルク州のこれを読んでる誰も知らないであろうボ〇ノ島という離島に、遠征に行ってきたので簡単にご報告。

遠征メンバーは、JJJ会長コメダ隊長、このツアーの企画兼引率者のフェルチ尾、JJJ怪魚部隊の主力メンバーでバッサーの左奥、そして4年ぶりにJJJに復帰した私馬並の4人です。このメンバーはJJJ怪魚部隊でもあるので、マングローブの川でパプアンバスを狙います。ただし、パプアンバスが不調の場合は、海に出て、GTキャスティングやジギングもできるように海用のタックルも持っていきました。

 

キャンプ地までの行程は、ジャカルタからマルク州の州都アンボンまで飛行機で3時間半のフライト、その後車、フェリー、車、小舟と乗りついでいきます。所要時間は、行きは片道18時間、帰りはなんと30時間かかりました。交通がめちゃくちゃ不便。4泊5日の遠征ですが、実釣は2.5日です。とにかく、アクセスが悪すぎる。しかーし、それはイコール、釣り人が行けないということを意味します。予想通り、我々がそのエリアに入った初の外国人アングラーでした。私、馬並は、この条件なら絶対魚は擦れていない、大漁間違いなし、と信じてこの遠征に参加しました。

 

我々が雇ったガイドは、アンボン在住のインドネシア国軍の軍人さん。このツアーの企画者フェルチ尾さんの古い知り合いです。釣りは全くの素人ですが、軍人なので地理に詳しく頼もしいガイドさんでした。キャンプ地も、ガイドさんが独自のネットワークで探してくれて、村の一般の家を借り上げてくれていました。携帯の電波、電気、水道、トイレ、シャワー、その他もろもろありません。すべて適当にすませる。ご飯は、お米はありますが、おかずは釣った魚です。

 

宿泊地の村

 f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231542j:plain

我々のための特設水浴び場兼トイレ。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231419j:plain

 

村人が、釣ってきた魚を晩飯用にさばいてくれてます。子供のギャラリーが大勢集まってきます。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231724j:plain

ある日の晩飯。マングローブジャックがおかず。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114232300j:plain

ヤシガニ。こいつも焼いてくってやったぜ。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114232337j:plain

 

釣りのスタイルは、アングラー1人と船頭さん1人が小船1艘に乗り込んで、川でも海でも好きなところに出撃して釣りをするスタイル。船頭さんたちは普段は漁師さんですが、ルアーフィッシングは経験がないので、ポイントの入り方、船の流し方、魚のランディング仕方まで、我々が伝授しなくてはいけません。

 

さて、前置きはこのくらいにして、釣果報告です。まずは、マングローブの川での釣りから。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231819j:plain

こんな感じで、マングローブのジャングルの中をズンズン遡ります。

そして、キャスティング。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231822j:plain

写真ではわかりませんが、実は蚊の大群に襲われながらの釣りなんです。マラリアにかからないか、マジ心配でした。(ということで、馬並は、ほとんど海に出てました(笑))

 

憧れのパプアンバス釣れました~!

まずは初日にコメダ隊長。小ぶりながらも、これでパプアンがいることが確認されて、みんなのやる気スイッチが入りました。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231825j:plain

2日目には、ちょこっと川に来てみた私馬並にも来ましたよ。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231828j:plain

そして、最終日には、ドドーン!!これぞ、パプアンバーーース。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231832j:plain

しかも、マルチキャッチー。さすが、バッサーの左奥、川に強い。

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231835j:plain

 

ほかにも、

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231838j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231841j:plain

はたの仲間や、鉄砲魚、マングローブジャック、バラクーダーなどが釣れました。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231844j:plain

いやー、本当にパプアンバスが釣れるとは思わなかったなー。

 

さて、では海編です。実は、馬並は、マングローブの川で蚊に刺されるのがいやなので、ほとんど海に出てました。まったく期待してない海でしたが、沖に出てみて、びっくり。どうみても、GTポイントだらけ。リーフだらけなんです~。しかも時合になると、あっちこっちにベイトが沸く。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231848j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231851j:plain

 

 

ポッパーで、ジャポンジャポンってやると、

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231854j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231901j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231904j:plain

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231858j:plain

船頭さん

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231907j:plain

バサーの左奥さんも海に出てきて、大型GTキャッチ

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231911j:plain

超大型はでませんでしたが、全部でGTは7キャッチ。

 

GT以外にも、横縞鰆や霞アジなど、リーフでおなじみの仲間たち。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114232704j:plain

ジギングをやれば、美味しいのが釣れ、

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114232723j:plain

サンゴ礁の上でライトタックルで遊ぶと、こんなのが一投一匹でかかる

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231922j:plain

魚影がめちゃくちゃ濃いっす。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231925j:plain

 

このツアーの企画者で引率者のフェルチ尾さんも、川海とも様々な魚種を釣っておられましたが、ブログに載せるほどのものは、釣ってない、とのことで写真提供がいただけませんでした。でも、サバイバルフィッシングの経験豊かなフェルチ尾さんなしには、この遠征は成立しませんでした。心より感謝申し上げます。そして、次の遠征の企画もよろしくお願いしますね‼

 

最後に、ガイドさんと船頭さんたちと。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231929j:plain

他にも、海に落水、帰りの飛行機がキャンセル、満天の星空などなど、小ネタは尽きないのですが、きりがないのでここらで締めさせていただきます。

 

読者の皆様、JJJでは時々こんな遠征もやってます。そして、部員募集も随時行っておりますので、インドネシアの釣りに興味ある方、ご連絡お待ちしてます。

 

サンセット。この岩の周りもGTポイントです。

 

f:id:JAKARTAJAPANJIGGERS:20200114231931j:plain